リラクと整体の違い【吉祥寺中央整体院】

ホーム » リラクゼーションと整体の違い

細かく話すと長くなるのでかなり簡素に説明いたします。

 

リラクゼーションと整体の違い。殆どの方は分からないと思います。自分にはどちらがいいのか?またどこに相談したらいいのかが分からない方も多いと思います。当院は整体が初めての方もリラクゼーションだけでも良い方もお気軽にご相談下さい。

リラクゼーション

整体(当院では)

主にリラックスしたい。

リラクゼーションは整体の一部です。

主に痛みを取りたい。(リラックスも含む)

■押す/揉む/ストレッチ/という行為。

■リラクゼーションに加えて骨格矯正を行う。

重度肩こり腰痛の方は実際筋肉を押しても揉んでもさほど柔らかくなっていません。この難題を解決するため、より日進月歩でコリが取れる法則を見出し体系化/論理化させたものが当院の整体です。

 ■温泉施設内のリラクゼーションや駅中の店舗では以下の様なシートを施術前に目を通す様に案内されます。

 

 

 ■骨格矯正、脊柱に対するスラスト・アジャスト施術を行っていますが行わないやり方もあります。

 

スラスト・アジャストとは

瞬間圧で脊柱の1ブロックである椎骨を中に押し込むスタイルの矯正方法。

トリガーポイント(ツボ)を狙った圧ではないお店が多い。

 

トリガーポイント(ツボ)を狙っていますので「効く~!」という感じです。

■痛みを取る目的ではない。

■筋肉を柔らかくする目的を持たない。

結果として少々のコリが取れている場合もある/むしろ硬くなる場合もある。担当者次第。

■痛みを取る目的を持つ。

■筋肉を柔らかくする目的を持つ。

■脊柱には基本的に触らない。

■脊柱の骨が硬いのは当たり前。

そうではなくて骨と骨の繋ぎ目(椎間関節/肋椎関節)を柔らかくしていきます。

脊柱の関節は数にして80近くあります。

 ■基本首の麓(ふもと)や腰の骨は触らない。

麓=首と胴体の境目付近の骨

 ■一般的なリラクゼーションサロンでは行っていない脊柱刺激圧を採用+骨格矯正です。
■リラクゼーションにも各々の団体流派があり、整体にも各々の団体流派があり、カイロプラクティックにも各々の団体流派があり、見解は皆違います。上記は当院ではという解釈です。

 

 

もうお分かりですね。

痛みを取りたい目的の方がリラクゼーションサロンに行っても痛みは大幅には取れません。取れる理由がないのです。押して揉んで痛みが取れる方は軽度の肩こり腰痛の方です。重度の方はまず無理でしょう。

 

反面、もともと痛みがなくリラックスしたいだけの方が整体を受けても比べるものがないので何も分からず単に料金が無駄に高いと感じてしまうだけです。

 

目的に見合ったコース選択をしましょう。

リラックスしたい/痛みも取りたい方は整体でロングコースとなります。

 

 

 

ズバリ!痛みを取るためです。

少し入り込んで言うと

脊柱から横に出る神経が硬い筋肉や歪んだ椎骨に圧迫されて痛みを発しているので痛みが発生します。

 

 

例えば首の痛みを発している方の首を触ってみると、首の骨が後ろに突出しています。自分では気が付かない人もいます。

突出した骨を前に押し込む事で痛みが大幅に軽減されます。押し込むスタイルは整体院によってやり方が違います。

リラクゼーションサロンでは押し込む以前にココの首後ろは触りません。