0030【吉祥寺中央整体院】

ホーム » コラム/ブログ01 » 0030

寿命加人幅に延びたのに伴い、ひざの痛みを訴えている人が非常に増えています。痛みの原因の殆どは膝の痛みで日常生活に不便を感じるようになり、やむなく当店を訪れたというケースが目立ちます。

 

ひざに痛みがあると、何よりも歩くのが辛くなります。歩くことは日常動作の基本ですから、それが辛いとなると生活全般の動きも辛くなって、気持ちが落ち込むこともあるでしょう。しかし、そこで痛いのは年だから仕方がない」と自らあきらめてしまったり、もうみんなと出歩けなくなった」と悲観的になってはいけません。なぜなら、そんなことはまったくないからです。

 

膝の痛みは、一旦なってしまうと、元の健康なひざに戻る事はなかなか出来ません。しかし、適切な施術をすれば、およそ9割近い人は、自然と状態が良い方向に向かっています。生活するのに支障なく歩くことはもちろん、旅行もできるようになります。ですから、自分の手に負えなくなるまで痛みをがまんしたりせず、できるだけ早く専門家の指導を受けていただきたいと思います。      

 

更に、ひざの痛みは専門施設、当店の様な整体院に頼ってばかりいたのではよくなりません。「自分のひざは自分で良くさせる」という強い気持ちで指導されたことを毎日続ける努力を忘れないようにしてください。

 

ひざ痛に悩む皆さん痛みのない毎日を取り戻され、第2の人生を明るく元気に過ごす事が出来る様に、心から願っております。