0069【吉祥寺中央整体院】

ホーム » コラム/ブログ01 » 0069

パソコンやスマホなしでは暮らせない現代、目は自分が思っているより、過重な負担を強いられています。全身をあまり動かすことがなく日中は椅子に座って仕事に従事する人は、一日の終わりには、全身の疲れより、肩こりと目の疲れを実感することが多いのではないでしょうか。


仕事で目をよく使ったとしても、しばらく休息したり睡眠をとることで回復する場合は、単なる目の疲れと考えてよいのですが、何故か人一倍、目の疲れがひどく、疲れがなかなか回復しない状態は眼精疲労と考えられます。


眼精疲労でもっとも多い症状は、目の痛み。眼の表面が痛かったり眼の奥が痛いという訴えです。目がかすんだり、見ているうちにぼやけるなどといった症状のほか、充血する、目を開いているのがつらいという症状も挙げられます。また眼の乾燥も感じます。


全身症状のひとつとして、肩こりが現れることもあります。肩こりの他に、だるい、頭が痛い、胃が痛くなる、食欲がなくなる、便秘するといった症状が出ることもあります。あまりにも状況gあ悪いとイライラ、不安やうつ状態といった精神的な障害が加わることもあります。

 

整体やマッサージはその様な気分的な解放感やリラックスも感じられますので、一石二鳥ですね。眼のマッサージは自分でやる事も出来ますが、自分の腕が疲れちゃう。だからリラックスも兼ねて人にやってももらった方が断然気持ちがいいです。