0092【吉祥寺中央整体院】

ホーム » コラム/ブログ01 » 0092

 機能的単位の両側にある椎間孔を経て神経根が出てきますが、神経根は脊髄液を含む硬膜鞘の中に入っています。この鞘は入れ物の事。刀の鞘と意味合いは同じです。この鞘は神経を保護するだけでなく、鞘内への潤滑液(脊髄液)の供給と鞘を通る神経への血液の供給を行っています。

 


硬膜として知られているこの容器は軽度の伸張が可能な弾力性のある組織です。硬膜はある程度の伸張には強く、伸ばされるだけでは損傷は受けなにのですが、敏感な組織であり、伸張によくある程度の刺激で痛みと過敏性をお
こします。硬膜を支配する神経が多く走っているので硬膜は敏感なのです。