首押圧の違い【吉祥寺中央整体院】

ホーム » 首押圧の違い

首の神経は横から出ています。また首の骨の横部分は全て尖っている形状をしています。

 

だからそのまま横から下手にグリグリ押されると結構痛いんです。

 

 

 

脊柱へのアジャストを行う当院ですら首横はグリグリとは押しません。

しかし脊柱へのアジャストを行わない一般的なリラクゼーションサロンでは普通によくグリグリと押される場所です。

首の横は神経が出ている所。ココを押すと言う事は神経を押しているという事。痛くて当たり前。

更に言うと頸動脈を押してくる店舗もありました。温和な私もさすがに限界で完全拒絶でした。(涙目)

 

また首と頭蓋骨の境目は血管が横に走行する所。あまり押し過ぎるのもダメなのです。血流が止まる。止まった後には土石流の如く、急激な血の流れが脳に悪影響を及ぼす事も考えられます。

首の後ろにも押すと痛い個所が存在します。しかしちょっと離れると凄く気持ちがいい!

 

それはカイロプラクティックでいう矯正ポイントです。

 

心配無用です。当院ではmm単位で押して良い処、悪い処を見極めてモニターしながら押しています。永年やっている職人技です。

 

 

ちなみに首の後ろは一般的なリラクゼーションサロンではまず押さない処です。(押す店舗の方が珍しい)特に大手チェーン店では脊柱を積極的に触る事はありません。

 

繊細な感覚が要求される処なので新人さんも多いチェーン店では全面的に禁止せざるを得ないのではないかと推測します。

 

押さないワケですからそのエリアが柔らかくなる成果は永遠の0(ゼロ)

誰も書かなかった裏事情です。

何十回/何百回/何千回と通っても0は0なのです。その部位については、ほぐれることは無いという事になるのです。

先ほどは首の横は押さないと言いましたが誤解がないように言います。「下手にグリグリとは押さない」という事です。上手く押せばScom(胸鎖乳突筋)はほぐれ首は良く左右に回るようにもなります。