マッサージと整体の違い

特にその定義を決めた公の書物も無い様なので、こちらはあくまでも当院のみでの話と受け止めて下さい。マッサージもストレッチも当整体の一部です。

マッサージセラピストは整体は出来ないですが、整体師はマッサージも出来ます。

(ここでいうマッサージとはリラクゼーションマッサージ=体をほぐす技術を指します)

痛みを脳に伝えているのは神経。

神経は脊柱の中にあるのですが、体の中で神経が何処かに触れていて不快感を引き起こしています。(脊柱=首~骨盤の骨)

なので神経がそのどこかに触れない様にしてあげればいいのです。

 

整体(院長手技の場合)脊柱の操作をして神経が触れない状態を作り上げる(骨格矯正)鎮痛効果大
マッサージ+マッサージとは違ったコリの特殊緩和操作もする
トリガーポイント(ツボ)を狙う
浅部/深部 両方の筋肉を狙う
リラックス効果大(自動的についてくる副産物)
自律神経の調整(自動的についてくる副産物)
マッサージ脊柱の操作をしない 鎮痛効果小又は無し
特殊緩和操作はしない
トリガーポイント(ツボ)を狙わない
深部は狙わない
リラックス効果…実は小

整形外科

 

痛み止めと湿布で治まれば終了ですが・・・

不快感を引き起こしている骨格的構造は何も変わらない。

 

マッサージでコリが取れると思われている方が多いのですが、他のお店においてもマッサージはコリや痛みを取る目的を持っていません。店舗によっては一筆書いて戴く用紙もあるくらいです。

特に重度となるとマッサージではスッキリしきれなかった/日持ちが悪いとのご意見が多いです。

重度の方は単調に押して揉んでいるだけではむしろ筋肉は固くなる傾向にあります。筋肉は反発して余計硬くなる傾向にあります。

その逆もある

整体は肩こり腰痛などの不快感がある人が行く場所ですので、リラクゼーションを目的とする人にはおススメしません。不快感があったものが緩和消滅されたからその価値があるわけで初めから不快感が無い人が受けてもその感動はありません。マッサージに比べるとやる事も沢山あるので料金も高いと感じ、良くない印象となります。