整体は最後に選ばれる傾向

この業界詳しく知らない方の為に

言い事ばかりじゃないのでデメリットもお伝えします。

整形外科

レントゲンで異常が無いと言われた場合は痛み止めと湿布/牽引との事です。次のステップに何があるのかは不明。

私の知人である医者の意見ですが、「慢性痛は病気の扱いじゃないからうちに来てもやる事ないよ」だそうです。

結局のところ痛み止めと湿布しかないので慢性痛(肩こり腰痛)の方は行かなくなってしまう方も多い。痛み止めの副作用で胃が荒れる事も。

カイロプラクティック

このテクニックは骨格を矯正して治癒力を高めましょうというテクニックであり、肩コリ腰痛を直接改善させる目的ではありません。

首の矯正、背中の矯正、腰の矯正はあるのですが、肩の矯正は無いわけではないですが、肩関節を矯正しても首コリ肩こりはまず取れません。バキッとやって痛みが取れなかったら?もう降参です。その後やる事ありません。

 

私もカイロプラクティックの学校を卒業しています。今でもカイロの考え方がベースで非常に重宝しておりますが、矯正だけでは役不足です。

 

首には触るが肩には触りません。肩の筋肉が柔らかくなる理由もありません。

接骨院(柔道整復師)

接骨院では柔道整復師が働いています。柔道整復師は急性痛(捻挫、脱臼、挫傷等)に付与された国家資格です。慢性痛(肩コリ腰痛)に対しての対処法は柔道整復師の学校の授業カリキュラムにありません。教えていないわけですから卒業生は慢性痛に関しては素人という事になります。入社した先の接骨院で初めてマッサージを習います。時期が立って今度は整体の技術を学び、自費診療も出来る様に特訓です。

 

巷のマッサージ店との違いは?・・・・特にないそうです(複数柔整関係者証言)

鎮痛テクニックは特に使っていません。マッサージのみです。それでも中にはベテランでゴッドハンドの先生もいますが柔道整復師の学校ではない所で勉強されたそう。

リラクゼーションマッサージ

そもそもが鎮痛を目的としていません。リラックスしたい人の為のマッサージです。リラックスは日本語で「気休め」です。鎮痛に関して苦情を言われてもお店の人が困ってしまいます。身体が柔らかい人はリラクマッサージでも柔らかくなるでしょう。ツボという概念は店により有ったり無かったり。体表面の筋肉はやりますが、骨格の調整はしません。

整体院

民間資格であり国家資格ではありません。あなたが「私も今日から整体師!」と言い張れば整体師です。ゆえに知識のない先生もいれば、凄い知識を持った先生もいてピンキリです。健康保険が利かず実費負担となるので諸所経営的に不安定な院も多く淘汰されてしまう所も多い。当院も8年前に閉店の危機があったくらいです。

 

他整体院

他ではどのようなスタイルでやられているのかまでは当院では分かりませんが、例えばチェーン系列の整体院では全体の統制を図るためにも全スタッフが同じ技術を使えた方がいいのです。

1先生の立場からですが、「この技使いたい」と思ってもそれが出来ない。スタッフ皆が勝手な事すると統制が取れなくなるので基本禁止となります。よってシンプルなルーティーン技が多くなります(私も以前在籍していたので)一番ジレンマを感じているのはお客様ではなく働いている優秀なスタッフなのです。

個人で長く経営されているところは即アップデート探求研究し続けられるので本物と言って良いのではないかと思います。

当院

経営して20年弱です。今では自信を持って「スーパーヘビークラス対応」なんて言うキャッチフレーズでやっているものですから、強者客ばかり(失礼!)が多数来院されます。当院も試行錯誤やっていまして、結構手こずる重度のお客様達の荒波に揉まれて泣かされてきた中で生まれた実践技術です。慢性肩コリ腰痛を直接改善させる目的を持った濃密な技術を使用しています。

 

順番

整形→接骨院→他整体院→当院

当院が必ず一番最後ではありませんが、どこに行っても良くならないというお客様が全額負担の当院で落ち着くというケースは多いです。

 

 

国家資格保持者の所で食い止められず民間資格保持者の所に流れてくる。

 

なんかおかしくないですか?(助かってますけど)

 

 

それぞれの院がそれぞれの目的を持ってやっていますので、お客様が求める目的に叶った所に行かれる事が望ましいです。

身体の一部を変えていく業界は継続が大前提です。

ダイエット、育毛、脱毛、審美歯科、美容外科、エステ・・・・

整体院も同じカテゴリーです。