筋肉の反発作用【吉祥寺中央整体院】

筋肉の反発作用

元々が緊張して硬い筋肉。もみほぐすと柔らかくなる方もいれば却って硬くなる方もいます。痛いのに無理に強く押すと硬くなります。受けている側も強くて痛い圧は聞いている気がすると思いがちですが、実はそうじゃないのです。

かといって弱い圧だと受けてる感じがしないし、満足度が低い。当院では適度ないた気持ちいい圧でやっています。

技術でコリを取っていく・・・・例えばこんな感じです。

1時間押しても揉んでもなかなか取れない肩の筋肉の塊を(硬結こうけつ)と呼びます。グリグリやると激痛!!

 

 

その後グリグリ・・・・あれ?痛くない。

この1時間押しても揉んでもなかなか取れなかった硬結が徐々にシボんでいってしまうのが分かるので自信を持ってどうですか?と聞いています。

所要時間1〜2分。ただコレは様々な整体技術の中のほんの一つです。(個人差あり)毎回やっているわけではありませんがこれも手技の一つです。品質の良し悪しが分からないまま単に時間が長ければ良いという事は無いのです。

ただ首肩辛い方は理屈はいいからとにかく揉んで欲しいという希望もあると思います。当院では押す揉むも普通にやります。ご安心下さい。

腰背中等硬い筋肉は強くガンガン押すと反発緊張して余計に硬くなってしまうのです。経験が浅く親切な施術者はこれはイカンとさらに強く速く押してくれます。これがまた逆効果。本人は良いと思っていますがお客さん実は懸命に耐えている風景よく見かけますね。速く強く押すのは意識が無くなった方を覚醒させる手段です。お客様はリラックスしに(筋肉と心を鎮静しに来たのではないですか?覚醒させるのは逆効果なのです。